地上デジタル放送

メインメニュー
  • 会社概要
  • 事業内容
  • 求人案内
  • リンク
HIDA TAKAYAMA CATV NETWORK
地デジとは?地デジQ&AワンセグQ&A

ワンセグQ&A

スケジュール・サービス内容について

Q1、「ワンセグ」ってなんですか?

「ワンセグ」は、地上デジタル放送のサービスのひとつで、携帯電話型受信機などの移動体でも安定して受信ができるように設計されたサービスです。現在、ご家庭の地上デジタル放送受信機に送っている地上デジタル放送波の一部を使って送っています。
番組内容は、ご家庭向けの地上デジタル放送と同じですが、「ワンセグ」独自のデータ放送サービスがご利用が可能になります。また、携帯電話の通信機能を使った双方向サービス、通信経由の詳細な情報もご利用いただけます。

Q2、サービスはいつからどこで始まるのですか?

地上デジタル放送の「ワンセグ」は、2006年4月1日から三大広域圏(都市圏)と、13の県の放送局で始まりました。なお、NHKの一部の放送局の「ワンセグ」では、しばらくの間、地域向け放送時間(1日2時間程度)に他の地域向けの番組が流れます(試験電波)。

Q3、独立U局を含め全ての放送局がサービスを始めるのですか?

「ワンセグ」は、地上デジタル放送の一部ですので、独立U局も含め放送を行います。開始時期は、それぞれの放送局で異なります。また、NHKは、総合テレビ、教育テレビの両方でサービスを行っています。

Q4、なぜ「ワンセグ」というのですか?どういう意味ですか?

日本の地上デジタル放送は、1チャンネル、6MHzの帯域幅を13個のセグメントと呼ばれる箱に分割して放送を行うことが可能です。
ハイビジョン放送や複数の番組を同時に送出する編成を行う場合は12個の箱を用いて実施していますが、携帯端末に向けたサービスは、このうち1つの箱(1セグメント)を用いて放送を行うことができます。このことから、今回のサービスを「ワンセグ」と呼んでいます。

Q5、今のテレビとどう違うのですか?どのようなコンテンツが見られるのですか?

「ワンセグ」は、現在、ご家庭の地上デジタル放送受信機に送っている地上デジタル放送波の1部分だけを使って、携帯電話型受信機などの移動体端末でも受信しやすいように設計されたサービスです。
番組内容は、ご家庭向けの地上デジタル放送と同じですが、「ワンセグ」独自のデータ放送サービスがご利用いただけます。また、携帯電話の通信機能を使った双方向サービス、通信経由の詳細な情報もご利用が可能になります。ただし、通信機能を利用される際は料金がかかります。
今でも携帯電話でアナログ放送を受信できるものがありますが、「ワンセグ」は地上デジタル放送のひとつのサービスです。

Q6、何チャンネル視聴できますか?

「ワンセグ」は地上デジタル放送のサービスのひとつです。視聴できるチャンネル数は地域によって異なります。詳しくは、地域の放送局にお問合せください。

Q7、「ワンセグ」を見るにはどうしたらいいのですか?

「ワンセグ」に対応した受信機(「ワンセグ」対応の携帯電話、車載テレビ、PDAなど)が必要になります。詳しくは携帯電話会社やメーカーにお問合せ下さい。

Q8、携帯電話が持つ通信機能を利用したサービスを予定していますか?その概要は?

「ワンセグ」サービスを受信できる受信機としては、「ワンセグ」専用の受信機のほか、携帯電話型の受信機が発売されています。こうした受信機では、携帯電話の持つ通信機能を利用したサービスがご利用いただけます。
通信経由でより詳細な番組情報等のデータサービスや、双方向番組等を楽しんでいただくことができます。 通信経由で情報を取得する場合は、通信料が発生することから、移行する段階で視聴者に対し許諾画面を表示する予定です。

Q9、EPGとはどのようなものですか?

「ワンセグ」では、現在放送中の番組、および次の番組以後の情報を送出しています。各局の情報を組み合わせてどのように表示するかについては、受信機の仕様によって異なります。

Q10、ダウンロードサービスはありますか?

携帯電話型の受信機向けに音楽や静止画などのダウンロードサービスも想定できると考えておりますが、まずは映像サービスとテキストを主体にしたデータ放送、および通信連携のサービスが中心になります。

Q11、画質はどの程度ですか?ハイビジョンなのですか?

「ワンセグ」の映像の解像度につきましては、横方向が320ドット、縦方向が180ドットです。また、コマ数は15フレーム/秒です。
元の映像は、地上デジタル放送のハイビジョンと同じものですが、H.264(エイチ、ドット、ニーロクヨン)と呼ばれる方式で圧縮しており、携帯端末のような小画面を対象とした簡易動画です。ハイビジョンではありません。
なお、縦横の比率につきましては、元の映像と同様、16:9のハイビジョンと同じ画角です。

Q12、緊急警報放送(ウェイクアップ機能)はありますか?

地上デジタル放送と同様、「ワンセグ」でも、一部の放送局では、緊急放送信号の送出を予定しています。
一部の放送局では、緊急警報放送信号の送出を「ワンセグ」開始当初から予定しております。
受信機の動作につきましては、携帯電話会社やメーカーにお問合せください。

ウェイクアップ機能に対応した受信機であれば、緊急放送信号を受信した時に、自動的に起動し、テレビ放送の受信ができますが、現段階では、電池消費の問題もあり、当初の受信機では対応できていないと聞いております。

Q13、地震などの際の速報は今と同じように(映像の)画面に表示されるのでしょうか?

画面に表示されます。緊急情報については、データ放送での表示も検討しております。

Q14、携帯電話会社が既に開始しているインターネットでの動画配信との違いは何ですか?

「ワンセグ」は、地上デジタル放送のサービスのひとつです。そのため、通信を用いた動画配信とは異なり、通信回線を利用していません。

Q15、デジタルラジオとの違いは何ですか?

デジタルラジオも「ワンセグ」も、放送サービスであることは同じです。また、デジタルラジオでは1セグメントを用いた形式も用意されており、技術的には類似の方式を使っています。
ただ、「ワンセグ」のサービスは、地上デジタル放送と同一内容の番組を提供するのに対し、デジタルラジオでは、複数の音声や高品質な音楽の提供を主体とし、動画のサービスも可能となるなど、サービス内容は異なっています。
技術的には類似の方式を採用していることから、将来的には両方のサービスを受信できる受信機が発売されると期待されています。

データ放送・字幕・音声多重・サービスエリアについて

Q16、「ワンセグ」データ放送の内容は?

「ワンセグ」のデータ放送では、文字を中心に、ニュース・天気・交通情報など番組から独立した情報を提供するほか、番組に関連した情報なども提供されています。
携帯電話型の受信機では、通信機能を使った双方向サービス、通信経由の詳細な情報とも組み合わせ、各種情報がご利用いただけます。

Q17、「ワンセグ」で見られるデータ放送も家で視聴するテレビ番組と同じ内容なんですか?

画面が小さいため、ご家庭向けの地上デジタル放送とは表示の仕方が異なります。また、内容も異なる場合があります。

Q18、「ワンセグ」のデータ放送は携帯電話のインターネットとどう違うのですか?

「ワンセグ」のデータ放送は地上デジタル放送のサービスです。従って、今までの地上テレビ放送と同様に、長時間の受信を行っても、通信料金はかかりません。

Q19、放送と連動したデータ放送番組はありますか?

あります。どの番組が番組連動データサービスを行っているかなどの詳細については、各放送局にお問合せください。

Q20、クイズに参加するなどの双方向サービスは可能ですか?

可能です。携帯電話型の受信機で視聴している場合は、通信機能を利用して双方向サービスをお楽しみいただけます。どの番組が双方向サービスを行っているかなどの詳細については、各放送局にお問合せください。ただし、通信機能を利用する際には、通信料金がかかりますので、ご注意ください。

Q21、データ放送を表示させたままでも、通信料金はかかりませんか?

データ放送は地上デジタル放送の電波の一部を使っていますので、通信料金はかかりません。

Q22、データ放送とテレビ画面が同時に出ている時でも、通信費がかかるという確認メッセージがでるのですが、なぜですか?

携帯電話型受信機のボタン操作により、さまざまな情報を切り替えたり、番組によってはクイズに参加したり、意見や要望を送ったりすることが可能です。視聴者からのデータの送信の際は通信料金が発生する場合があります。

Q23、確認メッセージがその都度表示されるが、これは何ですか?

データ放送の操作により通信料金が発生する場合や受信機内のメモリに情報を保存する場合など、視聴者に許可を得る場合に表示します。確認メッセージの表示内容などは、お使いの携帯電話型受信機によって異なりますので、詳しくは携帯電話会社やメーカーにお問合せいただくか、受信機の取扱説明書でご確認ください。

QQ24、テレビリンクとはなんですか?

インターネットなどでの「お気に入り」機能に類似するサービスで、データ放送表示部分にて表示されている内容や、さらに詳細な情報などを、保存しておいて、あとで見ることができる機能です。
例えば「番組のより詳細な情報はこちら」というような「テレビリンク」ボタンがデータ放送表示部分で提示され、それを押すとその情報サイトのアドレスがテレビリンクリストに保存されます。
あとでその情報を見たくなったときに、端末の中にあるテレビリンクリストからお客様の操作により呼び出すことで簡単にアクセスが可能になります。

Q25、字幕放送は行うのですか?

「ワンセグ」でも一部の放送局では字幕放送を実施しています。
「ワンセグ」の字幕表示は、画面が小さいため、受信機によっては、映像に重ねて表示するのではなく、画面の下のデータ放送の領域に表示されます。
なお、受信機も字幕放送に対応するものとしないものがあるため、実際の受信機で字幕表示が可能かどうかにつきましては、携帯電話会社やメーカーにお問合せいただくか、取扱説明書でご確認ください。

Q26、ステレオや二ヶ国語音声は行うのですか?5.1サラウンドはあるのですか?

「ワンセグ」でもステレオおよび二ヶ国語音声を実施しています。
地上デジタル放送では、5.1サラウンドサービスを実施していますが、「ワンセグ」では帯域の制限があることから、規格化されていません。

Q27、私の住む地域で見ることができますか?

「ワンセグ」は、地上デジタルテレビ放送のサービスの一つですので、地上デジタルテレビ放送がスタートしている地域の放送エリア内では、視聴することが可能です。しかし、地上デジタルテレビ放送のエリア内であっても、地形や建物などによって電波がさえぎられる場所やトンネル・地下・建物の中など電波の届かない場所では「ワンセグ」が受信できないこともあります。

Q28、将来的に全国どこでも視聴できるようになるのですか?

通常のテレビに向けた地上デジタルテレビ放送(12セグメント)は、2006年12月までに全国の放送局で開始され、その後主要な中継局でも順次開始されますので、「ワンセグ」のエリアも急速に広がっていくことが予想されます。
但し、「ワンセグ」携帯端末の場合は、電波がさえぎられる場所や電波の届かない場所では、受信できないこともあります。
今後、「ワンセグ」受信機の普及の度合いや、視聴者のニーズなどを勘案しながら、こうした“不感地域”に対する検討が行なわれていくことになると考えられます。

Q29、電車の中でも見られますか?

「ワンセグ」も放送電波を受信することが必要です。 このため、電波の強い場所では、電車の中でも安定して受信できますが、送信施設から距離の離れた場所では、電車の壁や窓により電波が減衰し、電車の中では受信しにくいところもあると思われます。
なお、電車の中でお使いになる場合は、周囲の方のご迷惑にならないようお楽しみください。

Q30、高速道路や新幹線車内では受信することはできますか?

見通しのよい場所で電波が十分に届いているところでは、受信できます。高速道路では、山間部、トンネル、防音壁など電波遮蔽物も存在しますので、こういう条件の悪い場所では受信できない場合もあります。ただし、運転しながらの視聴については安全上おやめ下さい。

Q31、車両に備え付けの設備で「ワンセグ」を受信するにはどうすればいいんですか?

カーナビに接続するタイプの受信機がすでに市販されており、将来的にはカーナビの標準機能となっていくものと思われます。また、車載専用のアンテナを用いることで受信性能を改善することが可能です。ただし、運転しながらの視聴は安全上おやめください。

Q32、今までのアナログ放送受信可能なテレビ付携帯電話と比べて視聴可能エリアは広くなるのですか?

今まで携帯電話に搭載されていたテレビは、アナログ放送を受信しています。このため、地上デジタルテレビ放送が全国に普及するまでは、全国的に見るとアナログ放送のほうが広範囲で受信できます。
しかし、東名阪のように、地上デジタルテレビ放送がフルパワーで放送されている地域では、「ワンセグ」の方がゴーストや移動時に発生する画面の乱れも無く、安定した受信ができると思われます。

Q33、地上デジタルテレビ放送で視聴可能な地域(D-PA公表)は「ワンセグ」も視聴可能ですか?

D-PAから公表されている「地上デジタルテレビ放送のエリアのめやす」は、免許申請時に定められている法定電界(標準的な受信条件を定め、その受信機で受信できるための電波の強さを規定したもの)を元に作成されております。
据え置き型のテレビ受信の場合は、ほぼ標準的な受信条件と同じと考えられることから、受信できるためのエリアのめやすとして公表しておりますが、室内アンテナを用いる場合や自動車での受信では、この条件と必ずしも一致しておりません。
「ワンセグ」の場合は、ゴースト妨害や雑音に強い方式を採用しておりますが、標準的な受信条件とは異なることから、受信条件によっては受信しにくいところもあるかと思います。 なお、「ワンセグ」では標準的な受信条件を定めることが困難であることから、「ワンセグ」のみのエリアのめやすを示すことは難しいと考えております。

Q34、携帯電話が通じる地域は視聴可能なのですか?

「ワンセグ」は地上デジタルテレビ放送であり、各放送局から送信される電波を受信しています。
携帯電話は、各携帯通信事業者の基地局からの電波を受信しています。
それぞれ異なる電波を受信していることから、携帯電話が通じる地域でも、必ずしも「ワンセグ」が受信できるとは限りませんし、「ワンセグ」が受信できる地域においても、必ずしも携帯電話が利用できるとは限りません。

Q35、建物の中でも見られますか?

「ワンセグ」は放送局からの電波を直接受信するため、建物内での受信状況によって視聴できる場合とできない場合があります。

Q36、地下鉄、地下街では受信できるのですか?また、届かない場所で、今後受信できるようにしていく予定はありますか?スケジュールは?

「ワンセグ」は場所によって受信できる場合とできない場合があります。現在、総務省では地下鉄や地下街などでの受信の可能性をさぐる実験を行っています。今後、普及状況や皆様のニーズを考慮し、こうした地域の対策が検討されると考えています。

受信機・利用料金について

Q37、どの携帯電話会社(メーカー)から発売されるのですか?

具体的な発売予定につきましては、携帯電話各社にお問合わせください。

Q38、「ワンセグ」受信機はいくらくらいですか?

具体的な価格等につきましては携帯電話各社にお問合わせください。

Q39、通信の契約を解約しても使えるのですか?

携帯電話各社にお問合せください。

Q40、受信機はどこで購入できるのですか?

携帯電話型の受信機は携帯電話の販売店、一般の受信機は電気店で販売されています。

Q41、電池はどのくらいもちますか?

各携帯電話会社やメーカー等にお問合せください。

Q42、録画はできますか?

「ワンセグ」においても、地上デジタル放送と同様、1世代のみのコピー制御信号とともに放送されています。 このため、技術仕様上録画は可能ですが、ダビングはできません。また、ブロードバンドへの再送信はできません。
なお、お手持ちの受信端末で録画ができるかどうかは、携帯電話会社やメーカー等にお問合せください。

Q43、チャンネルの設定(初期設定)の方法は?10ch、12ch等がないのはなぜですか?

受信機のチャンネル設定方法は、携帯電話会社やメーカー等でご確認ください。
チャンネル番号は、地上デジタル放送チャンネルと同じとなりますので、全国的にみて11ch、12chのチャンネル番号の放送局はありません。

Q44、携帯サイトを見ながらテレビ番組を見られますか?

原則として一般の携帯サイトとテレビ番組は同時に見られません。
各受信機での動作については携帯電話会社やメーカーでご確認ください。

Q45、画面を見ながらチャット、メールはできますか?

テレビ画面と同時にメールをすることは可能です。
各受信機での動作は 携帯電話会社やメーカーでご確認ください。

Q46、どうやって選局するのですか?

選局方法としては、初期設定後、チャンネルボタンにより選局する方法や、上下キーによる選局があります。
各受信機での動作については携帯電話会社やメーカーでご確認ください。

Q47、移動して地域が変わった場合、番組はどうなるのですか?

地上デジタル放送は、地域単位での放送であるため、地域(都道府県)が異なれば、番組内容は異なります。
また、地域が異なれば放送している周波数が異なりますので、地域が変わった段階で、再度初期設定、またはチャンネル選局が必要となります。
受信機での動作については携帯電話会社やメーカーでご確認ください。

Q48、テレビ番組を見ながらデータ放送を操作できますか?

各受信機での動作については携帯電話会社やメーカーでご確認ください。

Q49、データ放送を消して、画面全体でテレビ番組を見ることはできますか?

各携帯電話会社やメーカーにお問合せください。

Q50、利用料金はかかりますか?(視聴するのは無料ですか?)

携帯電話で受信してご覧になっても、テレビ番組およびデータ放送の視聴については、放送波を受信するため電話代、パケット通信費などは一切かかりませんが、ユーザー操作により双方向サービスや通信経由の情報取得につきましては、パケット通信費が発生します。
NHKの受信料については、すでに受信契約をしているご家庭の場合は、新たな契約は必要ありません。受信契約をしていない世帯でワンセグ受信機を購入した場合は、受信契約が必要になります。詳しくはNHKにお問合せください。

Q51、インターネット上のデータ放送コンテンツを利用する場合、通信料はかかりますか?

インターネット上のデータ放送利用は通信経由となるため、基本的に通信料がかかります。ただし、携帯電話の場合、携帯電話会社との契約内容によって異なりますので、携帯電話会社にご確認ください。