地上デジタル放送

メインメニュー
  • 会社概要
  • 事業内容
  • 求人案内
  • リンク
HIDA TAKAYAMA CATV NETWORK
地デジとは?地デジQ&AワンセグQ&A

地デジQ&A

地上放送のデジタル化

Q1、なぜ地上放送のデジタル化を進めるのですか?

テレビ放送のデジタル化の大きな目的のひとつに、電波の有効利用があります。電波は無限に使えるように思われるかもしれませんが、放送や通信に使えるのはある一定の周波数のところだけです。日本の現状はもうこれ以上すき間のないほどに過密に使われており、アナログ放送のままではチャンネルが足りませんが、デジタル化すれば、チャンネルに余裕ができます。空いたチャンネルは、今後のさらなる情報通信技術活用社会、情報化社会の進展のために利用することが計画されています。

Q2、地上デジタル放送は世界ではどのような状況ですか?

地上デジタル放送は1998年にイギリスでまず開始されました。現在は欧米ではアメリカやドイツ、イタリアなど、アジアでは韓国や台湾、シンガポールなど、世界の20以上の国と地域で放送されており、デジタル放送は世界の潮流となっています。*中国とベトナムはまだ本放送されてません(実験放送のようです)。

Q3、2011年(平成23年)にアナログ放送が終了するのはなぜですか?

2001年(平成13年)の電波法の改正により、アナログテレビ放送による周波数の使用は10年以内に停止することになりました。これを踏まえて作成された放送用周波数使用計画(チャンネルプラン)などでは、その使用期限を2011年(平成23年)7月24日、つまり計画変更の公示日の2001年7月25日から起算して10年目の日と規定されました。これによりアナログ放送は2011年の7月24日までに終了することになりました。

デジタル放送の特徴

Q1、地上デジタル放送のサービスは何がありますか?
デジタルハイビジョン

HD(High Definition)TVとも呼ばれ、 画質の精細さを示す走査線の数が、従来のテレビの2倍以上あります。このため、色彩も美しく、細かいところまでくっきりと見えるので、臨場感あふれる鮮明な映像を楽しめます。 また、画面の横と縦の比率が、現行の地上アナログ放送の4:3の画面に比べ、人間の視野に合う16:9になっているので、迫力のある画面で迫ってきます。

5.1chサウンド

デジタル放送の音声はCD並みの高音質です。特に5.1chサラウンド放送では、※専用のアンプと6個のスピーカーで臨場感のある音声が楽しめます。尚、対応番組については、EPG(電子番組表)や新聞のテレビ欄などでご確認いただけます。

※MPEG2-AAC対応
データ放送

地域に密着したニュースや気象情報・災害情報など、生活に役立つ便利な情報を、リモコンのdボタンを押すだけで「文字情報」や「静止画」で、見たいときにいつでも見ることができるサービスです。 また、番組内容と連動しているデータ放送が行われている場合もあります。例えばドラマなら、番組を見ながら、あらすじや登場人物を確認したり、スポーツなら、試合経過や選手紹介などを見ることができます。 

EPG

EPGとは「Electronic Program Guide」という電子番組表のことです。リモコンでEPG(電子番組表)ボタンを押すとテレビ画面にその日から1週間の番組表が表示されます。放送時間や出演者など、最新の番組内容の表示や検索、番組予約を行うことができます。

字幕放送

字幕放送とは、セリフやコメントを文字テロップで表示するサービスです。地上アナログ放送の場合は、特別なアダプターが必要でしたが、デジタル放送では受信機の標準機能として、字幕放送を見ることができるようになりました。字幕放送番組については、EPG(電子番組表)や新聞のテレビ欄でご確認いただけます。

双方向

受信機に※電話回線やインターネット回線をつなぐことにより、テレビ局と双方向に情報のやりとりができるようになる機能です。リモコンの操作でクイズ番組に参加したり、テレビショッピングなどを気軽に楽しむことができます。

※別途、通話料が必要となる場合があります
マルチ編成

地上デジタル放送では、ハイビジョン1チャンネル分で、現行のアナログ放送と同じ標準画質(SD)の2〜3番組を同時に放送することができます。これにより、例えばスポーツ中継の延長時などに、メインチャンネルで時間通りドラマを放送しながら、サブチャンネルでスポーツ中継を引き続き行うことも技術的には可能です。

Q2、地上デジタル放送でゴースト障害はありますか?

地上アナログ放送では、視聴者に届くまでに、雑音で映像・音声が劣化したり、建物などの影響でゴースト障害が発生することがありますが、デジタル放送では、劣化やゴーストはなく、高品質の映像・音声が届けられます。

Q3、地上デジタル放送とBS・110度CSデジタル放送はどう違うのですか?

A3 BSや110度CSデジタル放送は、東経110度に位置する衛星を使った放送です。放送エリアは日本全国ですので、日本中どこでも同じ番組をお楽しみいただけます。一方、地上デジタル放送は、現在の地上アナログ放送と同様に、各地域の放送局から放送されます。

地上デジタル放送の受信

Q1、地上デジタル放送を見るためには何が必要ですか?

地上デジタル放送の受信には、地上デジタル対応受信機器とUHFアンテナが必要です。また、ケーブルテレビを通して受信することもできます。

Q2、今使っているテレビで地上デジタル放送を見ることができますか?

お使いのテレビが地上デジタル放送に対応していない場合でも、地上デジタルチューナーまたはデジタルチューナー内蔵録画機を接続すればご覧いただけます。また、お使いのテレビがD3/D4端子付など、ハイビジョン対応であれば、ハイビジョンの高画質な映像が楽しめます。

Q3、地上デジタル放送でも、B-CASカードが必要ですか?

2004年4月から、民放やNHKが、著作権保護の目的でコピー制御信号を放送波に付加していますので、B-CASカードがないと視聴することができません。 受信機器には必ずB-CASカードを挿入してご覧ください。

Q4、地上デジタル放送は、有料放送ですか?

民放は今まで通り無料放送です。
また、NHKの受信料に関しては、現在既に契約されている方は、新たに契約を行う必要はありません。ケーブルテレビで視聴する場合は別途利用料が必要になる可能性がありますので、ケーブルテレビ会社にお問い合わせください。

Q5、地上デジタル放送は、車でも受信ができますか?

地上デジタル放送は、移動体(自動車等)でも受信が可能な放送方式を採用しています。 また、移動体向けワンセグサービスも始まっています。
なお、エリア内であっても、地形や建物などによって電波がさえぎられる場合や電波の状態などにより、視聴できないことがあります。

Q6、私の地域で地上デジタル放送が受信できますか。

地上デジタル放送のエリアのめやすについては、当協会ホームページでご確認いただけます。
放送エリアのめやすはこちら
なお、エリア内であっても、地形や建物などによって電波がさえぎられる場合や電波の状態などにより、視聴できないことがあります。

Q7、エリアマップは地上デジタル放送が受信できることを保証していますか。

保証ではなく地上デジタル放送が見える目安です。地形や建物などによって電波がさえぎられる場合や電波状況により、視聴できないことがあります。

Q8、地上デジタル放送の受信アンテナはどのようにすればいいのですか。

お住まいの住宅形態や受信形態によって地上デジタル放送の受信方法が異なります。詳しくは、下図を参考にしてください。

【一戸建て住宅の場合】

DHマークとは
(社)電子情報技術産業協会(JEITA)では、BS・110度CSの衛星放送及び地上デジタルテレビ放送ホーム受信用アンテナ・ホーム受信機器の性能及び品質の維持向上のために登録制度を定めて、上記のような”JEITAデジタルハイビジョン受信マーク”を付し、これを自主的に管理することによって良質なホームアンテナ・ホーム受信機器を審査・登録し、これらの製品の普及促進を図ることを目的にしています。

【マンションや集合住宅の場合】
【ビル陰などの受信障害対策共聴設備の場合】
【ケーブルテレビの場合】
Q9、地上デジタル放送の受信アンテナ(UHFアンテナ)の種類にはどのようなものがありますか。

地上デジタル放送波は周囲の地形や建物などの影響により、弱くなることがあるため、設置場所の電波の状態に応じたアンテナが必要です。 地形や建物によるしゃへいなどの影響、電波の状態をあらかじめ確認した上で適正な機種を選んでください。

【一般のUHFアンテナ】

地上アナログ放送の受信に多く用いられているアンテナで、地上デジタル放送の受信も可能です。

※ 受信アンテナの設置についてはお近くの電器店にお問い合わせ下さい。
【地上デジタル放送専用アンテナ】

地上デジタル放送のみであれば、専用アンテナでの受信も可能です。専用アンテナには、室内、屋外兼用のタイプもあります

※ 受信アンテナの設置についてはお近くの電器店にお問い合わせ下さい。
※ 受信アンテナの設置についてはお近くの電器店にお問い合わせ下さい。
【室内アンテナ】

電波の強い地域では、室内アンテナでも受信できる場合があります。

※ 受信アンテナの設置についてはお近くの電器店にお問い合わせ下さい。

デジタルハイビジョン対応のアンテナには、DHマーク(デジタルハイビジョン受信マーク)が付いています。新たにアンテナを設置する場合は、DHマークの付いたデジタルハイビジョン対応のアンテナをお勧めします。

Q10、地上デジタル放送でも、今のUHFアンテナは使用できますか。

地上デジタル放送は、UHF帯域のチャンネルを使って放送されます。現在お使いのアンテナが、このチャンネルに対応しているのであればそのままお使いいただけます。
アンテナの向きについては、現在お住まいの地域のデジタル放送の送信所が、地上アナログ放送と同じ方向の場合は、そのままの向きで地上デジタル放送を受信できますが、送信所の方向が違う場合は、もう一本地上デジタル放送用のUHFアンテナを設置する必要があります。

※ 受信アンテナの設置についてはお近くの電器店にお問い合わせ下さい。

地上デジタル放送の録画

Q1、地上デジタル放送は、従来のビデオ(VHSなど)に録画できますか?

デジタルチューナーやデジタルテレビの出力を、録画機器の外部入力に接続することで録画できます。ただし、画質は標準画質になります。

Q2、地上デジタル放送は、DVDレコーダーに録画できますか?

地上デジタル放送には、「1回だけ録画可能(コピーワンス)」なコピー制御信号が付加されています。そのため、コピー制御に対応したCPRM※対応のDVDレコーダーでCPRM対応のDVDディスクに録画する必要があります。
※CPRM
CPRM(Content Protection for Recordable Media)は、記録媒体用著作権保護のことで、DVD-RW/-RAM/-Rなどの記録媒体に著作権を保護する形で番組を録画するための仕組みです。
CPRMに対応していないDVDレコーダーやDVDディスクでは、地上・BSデジタル放送は録画できません。DVD-RW/-RAM/-RのディスクにはCPRM対応のものと非対応のものがありますのでご注意ください。

Q3、何故、「1回だけ録画可能(コピーワンス)」なコピー制御信号がかけられているのですか?

デジタル信号で録画するようになると、コピーを繰り返しても、画質・音質が劣化することがないので、不正にコピーが行われる等、著作権の侵害が起こる可能性があります。そこで、2004年4月より、地上デジタル放送に原則「1回だけ録画可能(コピーワンス)」なコピー制御信号が加えられました。

Q4、地上デジタル放送をハイビジョン画質で録画できますか?

ハイビジョン画質で録画するには、ハイビジョン録画機能をもつHD DVDレコーダー、ブルーレイディスクレコーダー、ハードディスクレコーダー、D=VHSで録画すれば、デジタルハイビジョン放送の高画質・高音質をそのまま録画することができます。ただし、ハードディスクレコーダーには、ハイビジョン録画機能があるものとないものがありますので、カタログ等でご確認ください。
なお、ハイビジョン画質で番組を楽しむには、録画機器をハイビジョンテレビに接続してください。

(注)ハードディスクレコーダーにハイビジョン画質で録画した番組をDVDにムーブ(移動)すると標準画質になり、ハードディスクレコーダーに記録された番組は消去されますので、ご注意下さい。